米子北高柏朋会会長挨拶

 米子北高等学校同窓会「柏朋会」の皆様方におかれましては益々お元気でご活躍のことと拝察申し上げます。また、日頃より本会の活動に対し多大なるご理解とご協力を賜り、心からお礼申し上げます。
 柏朋会の会員も現在2万2千有余人となり、各地でご活躍されておられます。前鳥取県議会議長の斉木正一氏(柏朋会副会長)は本年5月に任期満了となり、無事議長職を退任されました。お疲れ様でした。また、FIFAサッカー日本代表選手には昌子源氏(北高サッカー部OB)がレギュラー入りして素晴らしい活躍している姿は柏朋会の誇りに思いました。「がんばれ北高OB」!
 また、現北高部活動においても今年も県下最多の部員がインターハイ・総文祭・国体等に出場したことは喜ばしい限りであります。
 さて、翔英学園米子北高等学校創立60周年記念式典が2018年11月に、更に同窓会柏朋会創立60周年記念式典も2021年に迫っており今まで以上に「キタコウ・ファースト」の気持ちを持って邁進したいと思います。
 それでは全ての同窓会員の一人ひとりの熱いご支援、ご協力をお願い申し上げる次第であります。

米子北高同窓会柏朋会会長  近藤盛一

米子北高同窓会柏朋会会長  近藤盛一

学校長挨拶

 柏朋会の皆様には日頃から母校に対して多大なるご支援とご協力を賜り深く感謝申し上げます。

 北高に勤めるようになって30年以上の年月が経ちますが、毎年夏に行われる懇親会には必ず出席させていただいております。

 京都生まれで東京育ちの私を皆様あたたかく迎え入れて、思い出話に加えていただけることで、私にとって北高は母校のような存在になっています。

 世界に何十億もの人がいる中で、人と人とが出会う確率がきわめて低いことを「出会いの奇跡」と言いますが、この奇跡をこれからも大切にしていきたいです。

米子北高校長  門脇

門脇校長

教頭挨拶

 同窓会の皆様には、各方面でのご活躍のことと存じ上げます。 平素は、本校のためご支援とご声援を賜り、厚く御礼申し上げます。

 この春より、教頭に就任し、また、柏朋会の学校内委員に就任いたしました。「今を生きる」をモットーに、自分らしく、何事にも精一杯取り組んで行きたいと思っております。

 同窓会の皆様におきましては、今後も北高の発展と、本校に集う子ども達が、明るく有意義な高校生活を送るために、皆様のより一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

米子北高教頭  山崎

山崎教頭

副校長挨拶

 平成21年度より8年間、教頭として柏朋会運営に関わり、同窓会発展のためにご尽力いただいております近藤会長様をはじめ、役員の方々と共働できたことに感謝いたします。

 この間、柏朋会50周年記念式典の企画運営、さらなる発展のため、運営組織の再構築など、精力的に活動されましたことに敬意を表します。これも、米子北高への母校愛の強さだと感じます。同窓生の多くの皆様に、誇りを持っていただき、常に応援していただける学校づくりをしていきますのでこれからも宜しくお願いします。

米子北高副校長  吉川

吉川副校長

事務局長挨拶

 全国約22,000名の同窓会会員の皆様こんにちは!私は昨年4月より同窓会柏朋会の事務局長に就任しました小椋 弘美でございます。

 (昭和49年普通科卒業 第14期)勤務先は北高内第二体育館横に北高会館(1F学生食堂)の2Fに以前よりあった同窓会室です。主な仕事は同窓会の活動を活発にし、会員同士の懇親、最終的には母校北高の発展の為に行っております。

 また、同窓会のキーステーションとして風通しの良い、開かれたムード作りを目指します。どうか、同窓会に関する、例えば同期生会をしたいが名簿を準備してもらいたいとか、何でもお問い合わせ頂ければ幸いです。

 今後、同窓会の皆様には何かとご無理な事をお願いするかと思いますが、よろしくお願いいたします。

米子北高柏朋会事務局長  小椋

小椋 事務局長